読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ダブル】六月月一大会実質優勝構築

ダブル ポケモン

 こにゃにゃちわー ポケひろです!

前回前々回で考察したイッシュダブルの月一大会が6/27.29で開催されました!

結果は実質優勝でした!

いやー、勝てましたね~。しっかりと考察したかいがありました

このまま来月も優勝したいですね!

ちなみに戦績は7勝7敗でした!

 

 

 

 

………。

はい。たくさん負けました。最後にリンクを張りますが、今回優勝したのはハクレイで戦績は14勝1敗らしいです。

し、か、し!!!!

優勝したハクレイの1敗は、なななんと!このポケひろが付けた1敗です!

というわけで、実質優勝でした。

頑張ってタイトルを漢字だけにして「実質」を隠そうとしたんですけど結構見えちゃいますね…

 

以下に構築と考えた経緯です~

ギミックパなので知らない方は「ねこのて ポケモン」でググッてから読まれた方が分かりやすいと思います

 

 

ならびっ!

f:id:pkhr:20160630135056p:plain

 

 

こべつかいせつ!

レパルダス

f:id:pkhr:20160630135731g:plain f:id:pkhr:20160630140039p:plain

こだわりメガネ いたずらごころ

ひかえめ CSぶっぱ

ねこのて/あくのはどう/くさむすび/いばる

 

ねこのて要因。このPTの1/2の火力を担ってる猫。

イッシュダブルでは最速にしてもエルフーン、ボルトルネに上から挑発されるのでひかえめ準速

思っていたより火力がなく耐久もなかったため完全に1発屋でしかなかったが、このPTで相手を倒した数は圧倒的にこの子が倒した(あたりまえ)

実は自分がbwの頃に初めてポケモンを育成したのがレパルダスだったので思い出も込みで使えて良かったです

 

ブルンゲル

f:id:pkhr:20160630135844g:plain f:id:pkhr:20160630140049p:plain

こだわりスカーフ ちょすい

おくびょう CSぶっぱ

しおふき/ダイビング/トリック/ねごと

 

しおふき要因。このPTの1/2の火力を担ってる…なにがモチーフなんだこいつ?(くらげ?)

ポケひろのブルンゲルはCSしおふきしかいないわけじゃないのにこのブログは2/2でアタッカーしてますね…

個人的にブルンゲルの♀はトリル、♂はアタッカーっぽいのでトリルにも見える♀を採用 厳選がめんどかったわけじゃない

無難に後発しおふきを打っているだけで仕事をしていたから許してるけどもっと火力をください。

 

ウルガモス

f:id:pkhr:20160630135753g:plain f:id:pkhr:20160630140115p:plain

パワフルハーブ ほのおのからだ

ようき ASぶっぱ

いかりのこな/そらをとぶ/ふきとばし/まもる

 

いかりのこな要因その1。テラキオンランドロスの選出誘導と草タイプの牽制をする枠

このPT内でエルフーンモロバレルに唯一打点があるのがこの子だったので選出率は結構高かったです

ほのおのからだそらをとぶを覚えてるけど一回も孵化作業には出てきてないので健全なガモス(ねこのてパに採用されてる時点で健全じゃない)

下手をしたらブルンゲルより倒したポケモンの数が多い

相手から打点がないことが多く、パワフルハーブを消費したあとでも空を飛んでいたことが数多あったしやっぱりウルガモスそらをとぶを覚えているのが一番らしい

パワフルハーブそらをとぶをまもるで防がれた試合が2試合あってとても悲しかった

 

エルフーン

f:id:pkhr:20160630135738g:plain f:id:pkhr:20160630140132p:plain

ゴツゴツメット いたずらごころ

おくびょう CSぶっぱ

しぜんのちから/どろぼう/てだすけ/まもる

 

てだすけ要因その1。サザンドラズルズキンの選出画面での牽制と炎タイプの選出を誘導する枠

いたずらごころで打つしぜんのちからが強く、ヘイトを集めてゴツメでたすきを削ってた

なにも耐えなかったしなにも倒せなかったけど必要だった枠って感じだった

しぜんのちからの使用感が良かったので、これから技スペが余ったら考えてみようと思いました まる

 

ゴチルゼル

f:id:pkhr:20160630135805g:plain f:id:pkhr:20160630140147p:plain

オボンのみ かげふみ

おだやか HBぶっぱ

ミラーコート/よこどり/てだすけ/まもる

 

てだすけ要因その2。サザンドラなどのあくタイプやちょうはつ持ちの攻撃を誘導する枠

ブルンゲルに打点があるため選出率はまあまあ高かった。

調整はなんとなくBを特化させてもなーってなって種族値を伸ばせるおだやかでBをぶっぱした(調整とは)

無難にかげふみで仕事(?)をしてくれたが、思っていたより攻撃を受けずに放置されてしまったのでトリックルームの圧力の弱さを感じた

 

モロバレル

f:id:pkhr:20160630135817g:plain f:id:pkhr:20160630140203p:plain

メンタルハーブ ほうし

なまいき H252 B180 D76

いかりのこな/しぜんのちから/こらえる/まもる

 

いかりのこな要因その2。エルフーンの牽制とちょうはつを吸う枠

PT単位で火力がなく、同じいかりのこな要因のウルガモスの方が打点になりえるので選出が1回もできなかった

調整はBが化身トルネロスのもちものなしアクロバット確定耐え、Dが化身トルネロスのぼうふう確定耐え

エルフーンを牽制できるかと思ったが、逆に「いかりのこなが効かないポケモン」として相手の草タイプを誘ってしまった気がするので完全に採用を失敗してしまった

いつか日の目を見るといいなぁ

 

 

たちまわりっ!

レパルダスでしおふきを打つ!

\うおおおおおおおおおおおお/

 

残ったポケモンを全力で倒す!!

\うおおおおおおおおおおおおおおおおお/

 

 

けいいっ!

PTができた経緯です

経緯ってひらがなで書くと一瞬 ん?ってなりますね

 

サークル内での初めてのダブル大会ということで、1年生にダブルに興味を持ってもらおう!をモットーに考え始める

 

  • 1年生はシングルをやっているので流用も考えてボルトランドが多いと推測
  • また、イッシュダブルを考察していくにつれ単体ではウルガモス、PTでは雨ゲロゲが強いことが見えてきた
  • 一定数いるであろうエルテラ、トリルへも解答が欲しい

 

以上を踏まえて水の一貫を突けて、相手のS操作にあまり左右されない構築としてねこのてしおふきのPTを使用することに決定

イッシュでねこのてを使えるのがレパルダスf:id:pkhr:20160630152236p:plainのみ、しおふきを使えるのがブルンゲルf:id:pkhr:20160630152256p:plainのみなので採用決定

ねこのてパは選出誘導をすることができるので草タイプ、ドラゴンタイプを選出させない並びを考える

強いドラゴンタイプはサザンドラくらい

いかりのこなを使え、ねこのてで出ないそらをとぶを覚えるウルガモスf:id:pkhr:20160630152042p:plainを採用

 

しおふきを軸にするにあたっておそらく多くアタッカーの最速エルフーンをどう選出させないか考える

レパルダスにもブルンゲルにもエルフーンが刺さってる

無理

 

…無理なら逆に「エルフーンを選出させない」から「エルフーン以外を選出させる」並びに切り替える

 

選出させたい対象はウルガモスをはじめとするほのおタイプなので草タイプが欲しい

草タイプでほのおタイプを誘導できるモロバレルf:id:pkhr:20160630152736p:plainを採用

サザンドラを牽制できるエルフーンf:id:pkhr:20160630153003p:plainを採用

 

また、環境にいるエルテラのテラキオンを動かしてもらいたいためSの遅いポケモンを採用したい

シングルしかやってなければ噂に聞く「いわなだれ」でトリルも解決してくるだろう

とか建前をいいつつほぼなんとなくでゴチルゼルf:id:pkhr:20160630153733p:plainを採用

 

選出を誘導させる並びになってないことに大会が始まってから気付きました

ちょうはつ持ちをレパルダス以外にちょうはつさせればいいかなとかいろいろ考えたのになぁ…

 

 

かんそうっ!

初めてねこのてのギミックを使用して対戦しましたが思っていた数倍も対戦が楽しく、勝っても負けても笑顔で終われるような対戦ができたと思います!

1番最初の考え始めたきっかけである「1年生がダブルに興味を持つ」ことはあまり達成できなかったかもですが、自分の試合で1年生と上級生の会話が生まれていたりして、サークル員の交流を目的としている月一大会を運営している身としては役目を果たせていたのではないかなと思っています。

実はもっと勝ちたかったのでガチバとか雨パとか使いたかったのは内緒

 

 

ねこのてに関する記事をたくさん参考にさせていただきました!

ねこのてで出ない技や構築などのブログを書いてくださっていた方々、ありがとうございました!

 

 

リンクっ!

優勝したハクレイの構築

ひと目で尋常でないポケモンだと見抜いたよ 【6thイッシュダブル】エルフガモス軸晴れスタン【こがポケ6月大会使用構築】

所属するこがポケのブログ

法政ポケモン大好きクラブ東小金井ブログ 6月大会

 twitter

@

ORAS版 イッシュダブル 考察 【並び編】

ダブル ポケモン

こんにちは。ポケひろです。

f:id:pkhr:20160528021957j:plain

さて、前回の記事の続きです

前回での考察では一番強いのは霊獣ランドロスという話でしたね(違う)

今回は全国ダブルで通じるような強そうな並びを考えていきたいと思います

順番は思いついた順です

 

ならびっ!

ボルトランド

f:id:pkhr:20160528012206p:plainf:id:pkhr:20160528012230p:plain

い つ も の

ダブルをやっている人ならもう飽きた並びですね。ボルトロスのでんじはとランドロスのいわなだれや、ほうでんじしんができます。基本どんな型で何をやっても強いです。一応、今のシーズンだとおくびょうオボンといじっぱりスカーフが多いらしいです(PGLのパーセント見ただけ)

 

エルテラ

f:id:pkhr:20160528013156p:plainf:id:pkhr:20160528013907p:plain

vgc2011の環境だった並び

エルフーンの技、ふくろだたき(悪タイプの連続技)でテラキオンの特性「せいぎのこころ」を発動させていわなだれでガラガラドッシャーンするコンボ

味方に攻撃する動きがダブルっぽいので初心者には向いてると思います。エルフーンのおいかぜでSを上げてからテラキオンをたたくとすごくつよい(語彙が溶ける)

 

ねこだましトリックルーム

f:id:pkhr:20160528012617p:plainf:id:pkhr:20160528012638p:plain

ねこだましによるサポートからトリックルームをすることで5ターンの間、自分のすばやさが遅いポケモンから動けるようになります。ねこだましは相手のポケモン1ターン動かなくさせることができるのでちょうはつや1発で倒す攻撃を止めることができます。ダブルやトリプルでのトリックルームはシングルより動けるポケモンが2倍、3倍なので相手をたくさん倒せる可能性が高いです。

 

手動雨+雨エース

f:id:pkhr:20160528013456p:plainf:id:pkhr:20160528013415p:plain

あまごいをしてすいすいからの雨エースが暴れるパターン

特性で天候を変えるポケモンがいないことから、天候パ対決ではいかに自分の天候を維持できるかで勝負が決まりそう。

 

ボルトルネ

f:id:pkhr:20160528012206p:plainf:id:pkhr:20160528012938p:plain

飛行タイプの通りがいいので、ぼうふうやアクロバットを打てるPTは強そう

かみなりあまごいやあまごいおいかぜまで考えるといろいろな動きができるっぽい

トリックルームに対してもちょうはつやフリーフォールで対処できるのもGood

 

誓いパ

f:id:pkhr:20160528015235p:plainf:id:pkhr:20160528015244p:plainf:id:pkhr:20160528015251p:plain

御三家のみに許された特別な技「~のちかい」を2匹とも同じターンに打つと発動する誓い技。くさほのおで焼野原、ほのおみずで虹、みずくさで湿原が相手の場に展開されます。詳しくはググってください

 

命、爆発ッ!

f:id:pkhr:20160528020509p:plainf:id:pkhr:20160528020519p:plain

てだすけ+だいばくはつで相手2匹を倒す初見殺しPT。ムシャーナの特性テレパシーは味方の攻撃のダメージを受けないので自由に動けます。ムシャーナ以外にもテレパシーはいるので調べてみてください!ちなみにほろびのうたを歌えるイッシュポケモンはいません。今回はなんとなくダストダスさんに犠牲になってもらいました。ごめんね

 

シンプルビーム+小さくなる

f:id:pkhr:20160529093203p:plainf:id:pkhr:20160529093213p:plain

PT単位でのいわゆる「害悪」はこれかな、と。シンプルビームは当てた相手の特性をたんじゅんにする技で、たんじゅんという特性は自分の能力変化を2倍にします。シンプルビーム→ちいさくなるで積み、その後じこあんじをすることでPTがみんな避けはじめます。

 

ノーガードフリーフォール

f:id:pkhr:20160528014520p:plainf:id:pkhr:20160528014603p:plain

フリーフォールは相手1匹を上空に連れ去って1ターン動けなくさせる技。ノーガードは相手に技が絶対当たる特性。この2つを合わせると上空で相手がなにもできない間に攻撃することができます!並びは全然違うけどたまに結果を残したりしてるので使ってみたいコンボ

 

ホロウビアル

f:id:pkhr:20160528014931p:plainf:id:pkhr:20160528014942p:plain

巷で有名な並び。ケンホロウが特性きょううんでピントレンズを持ってつじぎりを味方のワルビアルに打つと確定で急所にあたり、ワルビアルの特性いかりのつぼでAが最高まで上がるコンボ

トリプルだと愛用者が多い(?)いろいろとすごいコンボ

個人的に好き

 

ゴリラ

f:id:pkhr:20160528013156p:plainf:id:pkhr:20160528013204p:plain

ハレテルト、バナナ、ウマイ

 

 

ざっとこんなかんじですかね

自分で考えられた並びはこのくらいです。あまり考察できていない気がしますがまだ1日しか考えてないのでこんなもんかと。7世代でも長期間しっかり考えられるようにこのイッシュダブルも大会までの1か月くらいは考えてみようかと思ってます。

全国ダブルで見る並びと似たような動きができるPTが多く感じるので、使えるポケモンが少ないにも関わらずダブルを始めるにはいい環境かと思います(メガはきっといない)

 

おわりだよ~(o・∇・o)

ORAS版 イッシュダブル 考察 【変更点編】

ポケモン ダブル

どうもポケひろです。

f:id:pkhr:20160528005834j:plain

この記事書いてたら画像が無かったのでサムネ用に

 

この記事は所属しているポケモンサークルの2016年6月大会のルールである「ORASイッシュダブル」で考えたことを書いていこうかと思います。

これは7世代ダブル(アローラダブル(?))の考察をするにあたって少しでも環境考察を勉強するためにちょっとモチベが上がった結果ですね。

落ちこぼれ理系のつたない文章(今までも同じ)かつ、身内の後輩へのダブル入門や先輩のモチベ上げを含んでいるので、分かりにくいところ等あると思いますがどうぞお手柔らかにお願いします

 

ルールを確認

はい。まあ普通の6世代イッシュダブルですね(普通とは)

 

ひとまず2011年のイッシュダブルの記事や動画を少し漁りましたところ今といろいろ違かったので仕様変更等の考察から

ルール発表当日の帰りの電車で考えた程度なので雑ですが、当時(vgc2011)の環境から変わったことを個人的な重要度の順番でまとめて行こうかと思います。

あと自分はイッシュダブルはやっていなかったので当時の環境等はブログでの情報しかありませんので推測が多くなるのですがご了承くださいmm

 

1. フォルムの追加

一番の環境を変化させる原因だと思います。今でもダブルの第一線で活躍している「霊獣ランドロス」は追加されておらず、当時はエルテラ(エルフーンテラキオンの並び)
(次の記事で詳しく)が強かったらしいです。霊獣ランドロスは「いかく」でテラキオンの攻撃を下げて味方を守ったり、スカーフを持つことで上からテラキオンを倒したりすることができるのでダブルやトリプルで多数の人に愛用されているポケモンです。

ちなみにダルマモードのヒヒダルマもフォルムチェンジがbw2で追加されたのでここの部類ですね。果たして使う人はいるのか

 

2. 隠れ特性の解禁

ここも大きな変化だと思います。ジャローダ(あまのじゃく)やローブシン(てつのこぶし)は言わずもがな、ゴチルゼルのかげふみやズルズキンのいかくはダブルバトルにおいてとても強い特性です。他にもモロバレルのさいせいりょくやツンベアーのすいすいなどPTや横の並び等では強力な動き方ができるかもしれません。いろいろ考察してみたいですね

 

3. 教え技や遺伝技の変化

一番大きなところでいうとキリキザンのはたきおとすですかね。あとはおいかぜを覚えるポケモンが増えたり、ワイドガードやファストガードの強化(連続使用ができるようになった)が変更点だと思います。技はダブルなどの複数ルールに入るうえで一番めんどくさい分かりずらいところだと思うのでいろいろ聞いたり調べたりしてみてください!

 

4. ジュエルの消失

5世代をやってた人は復活を待ち望んでいるジュエルですね。vgc2011では主にひこうのジュエルが使用されていたらしいです。トルネロスのジュエルアクロバットはH4ラティオスを確定1発にする火力があり(このルールにラティオスはいないけど)、ジュエルアクロバットの存在は多数のポケモンを縛っていました。ひこうのジュエルが無くなったことで格闘タイプ等の飛行弱点のポケモンが当時より動きやすくなったと思います。


5. はたきおとすの強化

3番で言ったことと同じになってしまいますが、6世代になってはたきおとすが強化されました。5世代以前までは威力20で相手の持ち物を落とすことができるだけのマイナー技でしたが、6世代で威力65で効果はそのまま、さらに相手が持ち物を持っていたら威力が1.5倍になるとかいうtuyo技になりました。この強化によってトリックルーム下のローブシンに自然に悪技が採用できるようになり(5世代のローブシンの悪技はしっぺがえしだった)相対的にトリックルームPTが強化されたように思いました。

 

6. フェアリータイプの追加

6世代の大きな変更点である新タイプの追加がこの順位なのはフェアリータイプ追加されたイッシュポケモンがあまり多くなかったからです(世代だけで見るとどこもそこまで多くない)。追加されたポケモンモンメンエルフーン、メガタブンネだけです。「5世代は格闘全盛期」と言われたように5世代で脚光を浴びたポケモンやイッシュポケモンは格闘が多く、ズルズキンなどのフェアリーに絶対勝てないようなポケモンも多いですが、フェアリータイプを採用するには上記の3匹をPTに入れるしかないのでそこまでは環境に変化はないかなと思いました。(ブルンゲルマジカルシャインなどは警戒すべき)

 

7. とつげきチョッキやぼうじんゴーグルの追加

6世代新アイテムであるとつげきチョッキとぼうじんゴーグル。とつげきチョッキは特防が1.5倍、強いですね。ぼうじんゴーグルは粉系の補助技を受けない、つよいです。とつげきチョッキはローブシンが持ったら。つよいです。ぼうじんゴーグルローブシンが持ったら。つよいです。(書いてたらもうちょっと上の順位で良いくらいには強そうな気がしてきた)

 

8. メガシンカの追加

な、なんと!!!6世代で進化を超える進化であるメガシンカが追加されたのにイッシュダブルを考察すると重要度が最低順位だと?!

f:id:pkhr:20160528003454g:plain

この子だけです。はい。まあイッシュのトリックルーマーは(エルフーンギギギアルを除いて)はたきおとすが抜群でキリキザンが重いのでトリックルームをするPTなら採用は考えてもいいと思いますが、スタンならわざわざメガ枠として無理やり採用するほどではないかなーと

 

ひとまず頭に入れておきたい変更点はこんな感じだと思います

新しいルールに踏み入れることは難しく、あまり乗る気ではない人が多いかもしれませんが、いろんなブログを読んで「やってみる」こともポケモンの新しい面を発見できて楽しいことだと思うのでぜひ6月大会を考察してみてください!

きっとまだダブルやりたいと思える記事ではないと思うので強そうな並びや動き方とかの考察が次の記事に書ければいいかな

というわけで、To be continued...

【トリプル】シシコスタン

トリプル ポケモン

お久しぶりです。ポケひろです!3回目の記事です

 

新しい構築が思いつかず悩んでいてやけになっていたところ、シーズン12くらいからちょいちょい温めていたシシコを使ったPTのメモを落としてしまいました…

 

 まず初めにシシコの紹介を

62-50-58-73-54-72 : 369

ポケモンをxyからやっていればおなじみのフラダリ…の進化前ですね

ただの進化前ですが、がむしゃらを覚えます(このブログ初のがむしゃらー)

今回はこのシシコをレベル1で採用しました

 

この構築は、低レベルを「トリル下でがむしゃらを打つポケモン」としてではなく「構築のエースを補助し、かつトリックルームに強いポケモン」としてスタンチックなPTの一員として採用することはできないかなという発想からできました。

レートで使用し、1720からスタートして最終1560くらいですこのブログの構築全部弱いな

 

 

ならびっ!

f:id:pkhr:20160217220628p:plain

がんばりました(文字雑) 少しは見やすいかな

この画像作っててスタンじゃないじゃんって思いました。。

 

こべつかいせつ!

シシコ 

f:id:pkhr:20160218010834g:plain  f:id:pkhr:20151213001552p:plain

きあいのタスキ きんちょうかん

れいせい 無振り 最遅

がむしゃら/ちょうはつ/よこどり/まもる

 

この構築の原点。この獅子の子に可能性を感じた気がしただけかもしれない。可能性を感じた点は何と言っても特性の「きんちょうかん」。きんちょうかんは相手だけきのみを食べることができなくさせる特性です。がむしゃらときんちょうかんを両立できる低レベルはシシコキバゴだけです!

f:id:pkhr:20160218011634p:plain<lv21は低レベルじゃないの?

キバゴとの差別化として「よこどり」と「ちょうはつ」の存在です。低レベルを採用するにあたって火力や要素が足りなくなりやすいのですが、よこどりがあることによって相手の「おいかぜ」や壁等を自分の要素として補完する(もう何言ってるか分からない)ことができます。もう一つの「ちょうはつ」は主にモロバレルに対してトリックルーム下で味方のポケモンを「きのこのほうし」から守ることができるので、相手にトリックルームをされてもガルーラやニンフィアを動かしやすくすることができると考えました。

使用感としてはよこどりが強かっただけでした。シシコにした理由に「がむしゃらが打てる」というところがあったのですがやはり非トリル下でがむしゃらを打っても打点にならず、低レベルの最大の利点である「同じターン中にエースより早く相手のHPを赤にする」ことが大きく抜けていてあまり強く感じませんでした。低レベルがむしゃらーを使うならトリックルームをしましょう!はじけるほのおを覚えたらもっと強いのになぁ

 

ドーブル

f:id:pkhr:20160218010843g:plain f:id:pkhr:20151030115535p:plain

こだわりスカーフ マイペース

おくびょう HSぶっぱ

ダークホール/このゆびとまれ/ねこだまし/ファストガード

 

解散の理由。今のトリプルはドーブルばっかりという流れに乗ってしまったかんじ。PTには一応最後に入ってきた「相手にきのみを食べさせなければ強いポケモン」。ポケモンを楽しむためにトリプルをやっているのに使っても使われても楽しくなくなってくるのをとても感じられた。シシコを裏から投げてダークホールや先発にシシコと合わせてよこどりダークホールを押すだけ。外さないけどやっぱり楽しくなくなったのでダクホ入れるドーブルは当分使いたくないです。

 

ガルーラ

f:id:pkhr:20160218010847g:plain f:id:pkhr:20160218014438p:plain

ガルーラナイト せいしんりょく→おやこあい

ようき H164,A92,B4,S252

おんがえし/ふいうち/グロウパンチ/みがわり

 

今日のガルーラ。ブログでは初めての登場です。ドーブルダークホールで眠らせた時に積み技を安定して打てるメガ枠としてメガサーナイトメガガルーラを両方使った結果選ばれたポケモン。ガルーラのみがわりはダブル、トリプルでは採用されにくい技ですが強そうなので採用したところ、S操作に「こごえるかぜ」を採用しているPTに対してとても強かったです。ですがトリプルで最強の「ハイパーボイス」がみがわりを貫通してしまうので安定はしなかったです。

Hは実数値201でみがわりを意識したっぽい?(BOXにいたやつ)(だからせいしんりょく)

3回くらいシシコにみがわりをよこどられてそれはそれは悲しい空気を漂わせた。

 

ニョロトノ

f:id:pkhr:20160218010859g:plain f:id:pkhr:20151030115518p:plain

オボンのみ あめふらし

なまいき H252,B172,D84 最遅

ねっとう/ほろびのうた/ダイビング/まもる

 

だんだんドーブルを通せば強いPTになってきたのでドーブルの障害であるバンドリュ、スカーフランドロスに強い雨を採用しました。最初はSの高いニョロトノを採用していましたがあまりにも耐久が足りずに滅びパ用の硬い子に変更。

このPTは全体的に耐久が足りず、滅び締めはあまりできなかったです。

 

ルンパッパ

f:id:pkhr:20160218010905g:plain f:id:pkhr:20160218020458p:plain

バコウのみ すいすい

ひかえめ H156,B76,C124,D12,S140

ねこだまし/ねっとう/エナジーボール/まもる

 

自分が雨を使っていた時に使用していたルンパッパ。完全に流用。耐久高めで使用感いいです。

なにも言うことない枠。

 

ニンフィア

f:id:pkhr:20160218010911g:plain f:id:pkhr:20160218020848p:plain

たべのこし フェアリースキン

ひかえめ H36,B36,C248,D8,S180

A0,CD30のめざ地個体

ハイパーボイス/めざめるパワー地面/めいそう/まもる

 

ガルーラに次ぐ積みエースです。今個体確認したら完全理想の♀で過去の自分をねぎらっているところ。かわいい。

Sを振っためいそうニンフィアは強かったです。というかニンフィアが強いです。ドーブルが相手を眠らせたら積むだけ。かわいい。

 

たちまわりっ!

相手のドーブルへの解答が神秘やラムっぽい場合

f:id:pkhr:20160218022028p:plainf:id:pkhr:20151030114720p:plain(f:id:pkhr:20160218021946p:plainorf:id:pkhr:20160218021956p:plain)

よこどり ダークホール みがわりorめいそう

 

相手のドーブルへの解答がスカーフランドロスっぽい場合

f:id:pkhr:20160218022414p:plainf:id:pkhr:20151030114720p:plainf:id:pkhr:20160218022418p:plain

なにか ダークホール ねこだましorねっとう

 

ドーブルへの解答がなさそうな場合

f:id:pkhr:20160218021946p:plainf:id:pkhr:20151030114720p:plainf:id:pkhr:20160218021956p:plain

みがわり ダークホール めいそう

 

いかにダークホールを相手に当てて、積めるかのゲーム

 

かんそうっ!

つまらなかった。何回も書いているけどスカーフドーブルダークホールを当てていくだけのPTになってしまって、原点であるシシコを活躍させるということがあまりできなかったのがとても残念です。反省と後悔の意を込めて。

これからはスカーフダークホールよりももっと楽しいことをやっていきたいなって思います。ドーブルの個別解説を書きながらどんどんテンション下がっていくような構築はもう組みたくないですね。

ちなみにPGLシシコの欄を見るとS12からのPT作成の流れが見れます。

誤字等ありましたらコメントかtwitter(@)へよろしくお願いします!