'17春合宿 使用構築

 

ハースストーンをはじめて2日で人生初のソシャゲ課金したポケひろです。

マンモスバンドルと歓迎バンドルからDKアンドゥインとアントニダスがでてきました

 

 2/13~15での合宿大会で使用した構築です~

初日のカード大会と2日目のゲーム大会の両方あります

 

合宿は初日飲んで2日目ゆるキャン△して3日目寝ました

場所は箱根の芦ノ湖ゆるキャン△しました

ゆるキャン△のおかげてカップラーメンがおいしくなったので人生を楽しむコツはやっぱり日常アニメを見ること

f:id:pkhr:20180216214328j:plain

 カレー麺じゃないのはお店に置いてなかったからです

 

 

カード大会

・スタンダードレギュレーション
・ダブルイリミネーション方式(2回負けたらドロップ)

普通の日本レギュでした

 

f:id:pkhr:20180216223553j:plain

ソーナンスウソッキーです(リストを新しくするのめんどくさかった)

 

 

久しぶりのスタンダードレギュだったのでいつも通り使用したことのないポケモンから考え始めました

気になっていたのはチラチーノファイアローだったのでそこから

 

最初はチラチーノを考察していたものの、どうしてもLOに寄せた形になる・ニンフィアGXでいい、という構築しかできなかったため解散

次にファイアローから考え始めた時にアオギリマツブサと合わせるとたね1みたいな頭おかしそうなデッキができそうだったためそこへ着地させることに決定
…したものの、一番強そうだった化石ラムパルドはピュキがずっと使っていたためナシ

次点で気になったのはケケンカニキングドラ
両方ともサークル内の月一大会で見たけどしょうがない(結局)

ケケンカニゾロアークに有利取れるけど1進化のため普通に進化させたほうがよさそう、、、ということでキングドラ

 

ベースは竜王戦優勝のあたりちらすギャラドスを参考にしました

ギャラドスと違う点として

コイキングスタートからの条件を満たすための動きをしなくてもよい
ニコタマではないので確定サーチ、大量リソース回復を行える
・そもそもエネの絶対数が多いのでアオギリ後に触りやすい

ことを意識しました

 

1/5でのウソッキースタートに対して事故回避のかるいし1枚、ポストとおとりよせパッドからエネをサーチしたい場面が多かったのでエネを8→6にして手紙2枚

コンボを達成する枚数が少ないため相手の妨害要素としてのレッドカード採用に踏み切れたのもちょっと良かったかな

火力はないものの、SM環境で増えた120打点のGXポケモンに有利が取れる(こちらからは動き次第で確定2発、ワンチャン進化前を潰せる)ため構築自体はよかったと思います

合宿大会3位のグソクゾロとフリーでやったときに草弱点でボロ負けしたので草弱点がなければ環境にもうちょっと強かった気がする…

 

合宿大会の結果は2-2

最初の負けは2戦目で準優勝のラランテスウソッキースタートから全く回らず先2で終わり

2回目の負けはサイドにアロー×2、グドラ×1、グズマ×2の落ち方で詰め要素が全くなくてTODで同サイド枚数からのじゃんけんで負け

 

最初の負けの事故は想定した上で確率的にありえないと考えていたので正直心がきつかったです

2回目は構築を考えた時の「サイドを2枚取られないこと」が生きたおかげでじゃんけんに持ち込めたので構築が悪いわけじゃなかったかな

 

今回の合宿大会は全体的に事故が多かったらしいのでその流れに乗ってしまったのが優勝できなかった敗因

理論上負ける構築はルナ等のまんたんやアセロラを多く積んでいる構築だけだったので普通に勝ちきりたかった

相手を事故らせてこっちがブン回るはずだったのになぁ

 

カード大会はそんなかんじ

通じてレッドカードが最強だったのでデッキに枠が余ったら入れ得だと思いました。友達と遊ぶときは縁が切られる可能性が高いのでやめときましょう。

 

 

ゲーム大会

レギュは

・ドラフト形式
・1枠目 メガ
 2枠目 準伝
 3枠目 アローラ初出
 4枠目 進化しない
 5枠目 種族値500以下
 6枠目 以上で取られなかったポケモンから(準伝とメガ進化はダメ)
・4つ(6、7人)リーグの2人抜けからトーナメント

 

でした

 

 

 選んだのはこちら

f:id:pkhr:20180216232103j:plain

大会始まってPT選択したときにワカシャモがlv49なことに気が付いたので対戦相手に待ってもらって飴使いました

 

最初から波乱のガルーラ3被りからスタートしたもののガブを手に入れたので対戦種族値は高かったです

 

考えた内容はこちら

人によっては逆鱗に触れる場合があるので気をつけてください(?)

 

f:id:pkhr:20180216232424p:plain

 

ワカシャモ軸のバトン構築にしました

ガブで突破できなさそうなポケモンがジュモクで突破できそうだったため2エースのどちらかを選出する形に

ぼくはららんてすのいろはすきです

 

調整は

ガブ:どっかからパクッた
ジュモク:2100くらいからパクった
ラランテス:ボックスにいたダブル用
ツボツボ:虫統一2000くらいからパクった
ワカシャモ:H 4n+1 S 3加速で130族抜き
タクン:2000くらいの人がHAよりHDのほうがよかったって言ってたのでパクった

 

ちゃんと考えたのが1匹だけだったって話は、自分より強い人が調整残してくれてるからそっちのほうが強いって話

 

エースが両方ともHSベースだったのでワカシャモ捨てからのエースの上から潰しを行えたのでつよかったです

ワカシャモはXYからアチャモを使っていたのでそこから発想をそのまま

そのときもアチャモメガガブだったのでダメだったところをしっかり克服できたかな

具体的にはバトンをしたものの倒れたガブの後ろから出すアチャモが攻撃技を持っていると強い、ガブで突破できないポケモンがいる点

アチャモはけんまい守るバトンカウンターの輝石だったのでガブが削っても倒せなかった試合が多かったです

 

大会結果は3-3でリーグ4位(もしかしたら5位)(もしもしかしたら3位)

順当に負けた試合が2つと試行回数3回の冷凍パンチが凍らなければ勝てた試合が1つ(それは運勝ち)

プレイングがうまければ抜けられた気がするので強い勝ち筋1つに絞っても勝てない自分が悔しい

カード大会と同じでこっちも構築自体は絶対に強かったのでやっぱり自分がいけない

大会中Blue Symphonyと卯月の気まぐれロマンティックを聞いて高まっていたので合宿大会で一番楽しかったです。LTSを聞いてくれ

 

 

 

合宿はちょー楽しかったので大会の勝率が5分じゃなければもっと楽しかったのになぁって言いながら帰りました

実はまだ3年生なので来年の合宿大会もがんばるぞい!

 

 

 

twitter(@)

 

 

 

 

ポケカ月1大会使用デッキ

 

 

アローラー!

 

最近のブログ更新がポケカしかないのはUSUMをまだ買ってないので対戦できてないからです

対戦はしたいけどポケモンモチベが…

 

アニポケはちょうどいま日輪の祭壇でカプとおしゃべりしてるところです

……え、レヒレに母性を感じる。

 

 

 

今月のルールはsmレギュレーション!

サーチャーやプラターヌがない環境です

使用デッキはこれ

f:id:pkhr:20171228105430j:plain

 

デッキは普通のシルヴァディによくわからないDPの伝説を入れた形です

基本的な動きはシルヴァディが前に立ちながら裏のポケモンを育てていくかんじ

 

以下採用理由

・人生でGX技を数回しか打ったことがないためGX技を打ちたい衝動に駆られてディアルガを採用
・環境的に炎タイプが弱かったので(環境考察はレキの隣部屋がだいたい合ってた)、つい炎タイプを握りたくなったためファイヤーメモリシルヴァディ
・タイムレスGX後の打点の足りなさが気になったのでネクロピン刺し
・多いと思っていたゾロアークシルヴァディが確2をとられないためにウソッキー
・このルールは手札事故がサーチャー分だけ起こることに対してこちらはディアルガやロコンの技でドローできるためいやがらせ3積みで相手への干渉を増やした
マーマネはこの環境でエネルギーを落とせる大事なカード
マーマネやハイボでシルヴァディをトラッシュしやすいのでタンカ2
・3エネ以上で起動のポケモンが多いため手張りが毎ターン必要なので気持ち手張りしやすくなるテンガン山1枚
・エネ9枚でまわしたら手張りができないことが多かったため10枚
・やっぱりともだち手帳はいらない気がする…

 

くらいかな

 

 

大会は1-2で予選落ち

1勝はブルルクワガノンで最初のほうにアゴジムシクワガノングズマで倒してそのままテンポ

2敗はキュウコンキングドラソルガレオで、キングドラ戦はシルヴァディ2枚サイド落ちからシルヴァディを触れず負け。ソルガレオは新旧が同時に立ったためパワー負け

反省点は

ゾロアークがいなかったため環境の読み間違えがあったこと

デッキ単位でソルガレオに有利どころか不利がついていること

 

ソルガレオが強いのは分かりきっていたのにソルガレオに対してハチマキ込み確2とかいう低打点のみでなんとかしようとしていたのがダメだった気がする

たてがみが立っていなければククイメモリで確定は取れるって思ってたのもダメ

 

 

 

ディアルガを軸にデッキを組んだはずなのにタイムレスGXが言えなかった悲しい結果になってしまったので次からのデッキはちゃんとGX技を言えるデッキにしたいですね(リベリオンGXは2回言った)

 

 

 

 

 

来年こそはポケカうまくなりたい。

 

 

 

ポケカ月1大会使用デッキ

 

11月月1大会で使用したデッキです☆

 

ルールは

・サポートは各1枚だけデッキに入れてよい
・バトルサーチャー禁止

 

でした

 

その名もハイランダーサポート杯(らしい)

 

ハイランダーって響きが無駄にとてもかっこいいので結構好きなカタカナランキングにランクインしました

ちなみに1位はズクダンズンブングンゲームでしたが最近見たらずっと真顔だったのでランキングから落としましたテキトー

 

 

この大会ではNが打たれても1回だったので昔からNがなければ強いと言われていたヨルノズクを使ってみました

 

こちら

f:id:pkhr:20171204112817j:plain

 

調整意図は

相手がハンドを減らすのでこわいおねえさんを試験的に入れてみた形
ニコタマ起動でドロソになりえるゾロアークライン2-2
モンボのみでのテテフサーチが怖すぎたので弱気ハイボ2
いれかえはテイスティングのためたくさん、気持ちロックに強いひも1

くらい?

 

最初はともだちてちょうを入れていましたが使用したい中盤から終盤は時パを握っていることが多かったためout

基本的にドロソポケモンを立ててヨルノズクをサーチしていくかんじ

でもヨルノズクのラインがどっかで止まるのでテテフゾロアークで殴っていくかんじ

テテフとゾロアークはつよい。

タマゲタケはネタ枠感あったのに普通に必要枠で笑ってた

タマゲタケ教とかあったら入ってるレベルで神

 

 

 

入れたかったリスト

・バトルサーチャー
・改造ハンマー
・スカイフィールド
・ハウティエルノたくさん

 

きっと普通に作っても枠が足りないので最初に抜けるのがタマゲタケとモンボ

でもそうするとスカイフィールドの恩恵あんまりないし難しい

改ハンの理由はグッズだからってだけ

どうせサイドレースではある程度勝てるしいらん気もする

 

 

 

大会戦績は0-1 サークル内大会とは

優勝しか決めない大会は消化試合が多くなるので自分には向いてないなぁとここ数ヶ月で思いました(総当りだったら勝てるってわけではない)

唯一戦った試合はホーホーのよるをつげるでLOをしてたら相手のデッキが1枚のところでタイムアップ

もっとはやく正確にできていればっていうところとデッキ切らすタイプではないので相手に時間使われたら普通に負けだったのでやるべきではなかったなと反省

 

 

制限大会特有カス思考の相手のエネが付いている前のポケモンを倒すことを意識したレシピなので普通の大会だときっとあんまり勝てないかな

ゆーてゾロアーク込みでのパワーは感じたのでゾロアークメタが少ないデッキには強めかも

 

 

 

 

絶対に負けないデッキをください。

環境には勝ててるのに予選の相手が悪みを帯びている

さすがにそろそろ予選くらい抜けたい

 

 

 

 

See you again!

 

 

 

ポケカ 月一使用構築

 

 

おひさしぶりです。ポケひろです

この1ヶ月の登校時間は全部アニメゆゆ式のプレイリストにいてだいたい3日に1周してるので1週間で3年半くらいの時間経過で生きています。

 

 

最近のモチベはゲームよりポケカだったのでちゃんと考えて新デッキで臨みました

というかゲームのポケモンはもういいかなってレベルでどん底

 

 

今月の月一大会のルールは

・出席を押した人それぞれに持ち点10点をつかわれたくないカードに配分
・合計点数で1-3位を禁止、4-5位を殿堂ポイント3、6-7位を2ポイント、8-9位を1ポイントを付与
・殿堂ポイント4ポイント以下でデッキを組む
・基本エネ、ハイパーボール、プラターヌ博士にはポイントを入れられない

でした

 

出席押した人数は9人で投票結果は…

禁止カード

・巨大植物の森 23点
ふしぎなアメ 11点
・バトルコンプレッサー 10点
ウソッキー(みちをふさぐ) 10点

4ポイント

オーロット(もりののろい) 8点

3ポイント

ゾロアークGX 7点
・改造ハンマー 7点

2ポイント

・ダブル無色エネルギー 5点
カプ・テテフGX 4点

1ポイント

・鍛冶屋 3点
シルヴァディGX 2点

 

 

自分が使ったデッキはこちらー

f:id:pkhr:20171028213619p:plain

 

 

最初は禁止カードから2進化への対策が薄くなるだろうという読みでダイケンキアオギリで出すデッキを考えていて、その相方としてオーロットを採用したところから始まりました(そもそもゲッコでいい)(ゲッコは普通のデッキになりそうでつまらないからやめた)

ダイケンキくんはこちら
ダイケンキ | ポケモンカードゲーム公式ホームページ

で初期案がこれ

f:id:pkhr:20171028214950j:plain

 

 

採用枚数のはなし

だいたいは日本チャンピオン2017のデッキをもとに考えました
初期案からダイケンキアオギリ・水エネが2枚ずつ交換できたのでダストラインを3-3
打点が足りないのと事故を防ぐため逃げエネが少なく谷起動できるミミッキュを1枚
サイドレースで勝つためどうせトラッシュからオーロットラインをすべて持ってくるのでいいとこどりできる釣竿1タンカ1
特に逃げる必要はないけどダストオキシンのためにかるいし3枚
まわしていて中盤にサイドを一気に取る構築だと気がついたためカウンターエネルギー2枚(オーロットの下技も優秀だったから)
たねが増えたのでアズサを入れた結果枠がなくなったのでネストボールout

ってかんじです

 

 

予選は全参加者11人を2リーグでスイスドローでした

デッキは悪くなく、環境に不利デッキは存在してなかった印象でしたが2-1で予選落ち

そもそも大会の予選抜けラインが2戦全勝だったのであれ(スイスドローなら全員でできたのでは)(でも決勝は見たい)(次からスイス上位2人で決勝にしようぜ)

8割以上勝てる環境で2戦中に2割引いてしまったなぁってかんじです

大会はマッチ運だって話を実感した大会でした

くやぢい

 

負けたのはMサナ(ディスペアーレイ)でダストどころかヤブクロンさえたたなかったのでデッキのサーチ能力の低さが出てしまった試合でした

勝ったのはエーフィダストとボルケガメスで両方とも試合をコントロールできたかな

 

 

 

反省点は多いですが本番一発の大会でさえ結果を残せないようではこれから勝ち抜けないのでしっかりと準備していきたいです

でもカードは高いので本物にする気はあまりないです

 

あと結構思ったんですけどポケモンカードってターンの時間制限がないせいでめっちゃ考えられるの得すぎませんか

ゲームから入ったからかめっちゃ時間をかけて考える癖がついてしまったので正直対戦相手に迷惑かけてる気がする

すまん(すまん)

 

 

 

ポケひろ(@ )